アプリで一攫千金

「GameSalad」は、ゲームアプリの画期的な開発環境なのだが
今のところ英語版しか存在しない。
ゲームアプリは開発したいが、英語が苦手な人も少なくないだろう。

そこで、この「GameSalad」の使い方を学べるGameSalad開発スクール
「iPhoneゲームアプリコース」が開講した。

この講座を開始したのは、GameSalad社から正式に認可をうけた
「iPhoneでビジネスチャンスを掴もう」でお馴染みのジークラウドが
運営するアプリスクール「RainobowApps」だ。

講座の内容は、1ヶ月4回の短期受講でiPhoneゲームアプリを4つ作る実践的講座だ。
講師はすべて現役のiPhoneアプリ開発エンジニアが務めるとあって、心強い限りだ。

○iPhoneゲームアプリコースの概要
第1回: 2Dカーレースゲームを作る
誰もがファミコン時代に遊んだ定番の2Dカーレース。
シンプルなカーレースゲームを作りながら
ツールの使い方の基礎を学ぶ。
オリジナルのクルマやサーキットをデザインしてみよう。

第2回:人気の AngryBirds 風ゲームを作る
あの伝説の AngryBirdsアプリが作れる。
ツールのテンプレートを使用してできるアクションゲームで
キャラを飛ばしたりモノを倒したり、物理演算など難しいアルゴリズムなしで
アニメーションなど動きのある楽しいアプリを作ろう。

第3回:TapTap風ミュージックゲームを作る
iPhoneゲームアプリでも定番のミュージックゲームを作る。
効果のつけ方やCover Flow風のメニュー選択シーンの追加方法などを学ぼう。

第4回:スーパーマリオ風 横スクロールアプリを作る
夢だったスーパーマリオを自分で作る。
方向キーとジャンプボタンがついた横スクロールする本格的な
アクションゲームを作ろう。カメラの使い方や各種の設定。
Storeへのアップロードを学ぶことができる。
※講義内容は、予告なく変更となる場合がある

iPhoneのゲームアプリは、一発当たれば、1億円以上稼ぐことも決して夢ではない。
ゲームアプリを作りたかったが、プログラミングの知識がなくて
断念していた人は、「GameSalad」でアプリを開発して
一攫千金にチャレンジしてみては如何だろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする