占い商法は一攫千金への逆方向

人は何かと占いなどの神秘的なものに心惹かれます。

特に運気が下がってるなと感じた時
人は何かのせいにしたがるものです

そして、それを打破するために占いなどに走る人もいます。

昔から占い商法に纏わる話題がニュースに流れていたと記憶していますが
占い商法と言われる古典的なやり方にひっかかる方が後を絶ちません
個人で気をつけるのと警察当局の取り締まり強化を願いたいところですね。

さてその占い商法とは目的は壺・印鑑・パワーストーン・掛け軸など御利益が
有りそうなものなら何でも良いのですが、そういった原価の高がしれている商品を
数万円から数十万円、場合によってはそれ以上のとても高い値段で
売りつける事なのですがそれを販売する為に占いを絡ませるので有りまして
表向きは占い師として占いを行いまして、最終的に壺やパワーストーンの販売だけを
目的にしている場合と、占い師の仕事もそれはそれでやりながら
お金の有りそうな相手には高額賞品を売りつける場合とがあるようですね。

でね、占いが100%確実に当たるなんて事があり得ないのですから
占いを見てもらいに来た相手に向かって不幸になるとか
祟りがどーのこーのって言った時点で既に恐喝の始まりでは?

本当は占い業界が何らかのキャンペーンを行うなりして、悪質な占い商法を
撲滅するキャンペーンでも行う必要が有ると思うのですが、その気配も無いようで
相変わらず、占い商法の被害者が出ている状態ですから
やっぱり自分自身で何とかする、つまり自己防衛するしかないわけです。

ここで、国が何とかしろとか、騙すやつはクソだと
自分の判断力から目を背けた人は一生だれかの食い物にされるでしょう。

自分の身は自分で守るしかないのです

一攫千金を目指すことは夢があっていいことですが
そこに目がくらんで、逆に出費だけがかさんでしまうことは
愚の骨頂とも言えるでしょう。

開運を目指すなら、グッズなどに頼らず
運をも引き寄せる努力も必要と言うことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする