徳川埋蔵金で一攫千金

夢見る一攫千金術の1つに
よく、徳川埋蔵金の発掘がある。

江戸城が無血開城となった際、当時財政難に喘いでいた明治新政府は
幕府御用金を資金源として期待していた。
ところが城内の金蔵は空であったため、幕府が隠匿したと
判断した新政府軍による御用金探しが始まったのが始まりである。

探索の手は大政奉還当時勘定奉行であった小栗忠順にも及んだ。
小栗は奉行職を辞任した後、上野国(群馬県)群馬郡権田村に隠遁していた。
彼が幕府の財政責任者であったということから
「小栗が幕府の金を持って逃げた」といった流言が飛び
更には「利根川を遡って来た船から誰かが何かを赤城山中へ運び込むのを見た」と
証言する者まで現れた。

加えて小栗が江戸城開城に伴う幕府側の処分者の中で唯一命に関わる
刑罰(斬首)となったことも重なり、「幕府の隠し金が赤城山に埋められていることは
事実である」と信じた人々が赤城山の各所で発掘を試みた。

その後、埋蔵金研究者達により赤城山に眠る徳川埋蔵金は
以下のようなものであると定義された。

幕府の将来を憂慮した大老井伊直弼により莫大な金を
赤城山麓に埋蔵することが企画された。
井伊直弼が横死した後、軍学者であった林靏梁によって埋蔵が実施された。
埋蔵された額はおよそ360万 – 400万両。
この額の根拠は、勝海舟の日記に「軍用金として360万両有るが
これは常備兵を養う為の金で使うわけにいかない。」との記述が元と思われる。
埋蔵に際しては中国の兵法の1つである「八門遁甲」が施され
各所に偽計が張り巡らされている。
山中にある双永寺は埋蔵時、見張り所とされていた。
小栗忠順は機を見て埋蔵金を掘り返し、幕府再興を画策する役を負っていた。

と、まあこんな感じだ。

テレビの企画、雑誌の企画など、様々なメディアで特集されてきた
徳川埋蔵金だが、はたしてコレが事実で
一攫千金は本当に可能なのであろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする